春秋航空の国内線をセールで安く買いました

安くなると実家に帰りやすくなる

とはいえ、地方で他県の空港に到着してから移動することが首都圏ほどスムーズではないことを考えると、都心から成田空港までの電車移動が増える分には、さほど大きな時間のロスにはならずに済みます。
春秋航空を利用する以前には、東京から実家に帰省するために飛行機から新幹線へと複数の交通機関を乗り継いでいたような感じなので、それと比べれば随分と楽になりました。
これ以上、贅沢は言えません。
今回は、季節の変わり目で運航ダイヤが変更されたことに伴うセールです。
普段はあまり飛行機を利用されない方はご存じないかもしれませんが、航空会社は結構頻繁に運航ダイヤを変更します。
過去には、このために随分と不便になった他社の便がありましたので、今回もダイヤが変更されたことによって、飛行機で移動後のバス移動に支障が出るような深夜や早朝の時間帯の到着だと困ると不安に思っていましたが、変更後も決して不便な時間ではなかったので安心しました。

春秋航空なら、もっと安いんやで pic.twitter.com/jVq3S9207p

— Uや (@honouya) 2018年10月15日
日本の国内線では、新幹線との価格競争があるために昔と比べれば少しずつ値段が下がってきたようには思うのですが、それでも常に満席状態の飛行機では大幅な値下げを行うことは本当に珍しいです。
高くても買う人がいるのに、わざわざ安くする必要なんてないです。
ですから、ほんの短い期間のみが対象期間ではありますが、今回のような格安航空券のセールをしてくれるのは、地方出身者の私としては非常に助かります。

春秋航空からのお知らせメール : 羽田から乗れないのが難点 : 安くなると実家に帰りやすくなる

春秋航空日本春秋航空セール開催